池田 若菜 | WAKANA IKEDA

< news一覧に戻る

久しぶりの日記。

レコーディングで音響スタジオ。良いスタジオにウキウキしながらも、なんだか変に緊張してしまい、譜面通りに吹くのに集中しすぎて固くなる。途中でディレクションとして「もっと若菜さんらしい感じで」と言ってもらい、いつも通りに吹いたら、風がバコーッと吹き抜けたように良くなった。周りの方々、こいつ何緊張してたの、と思っただろうな。。。図星です

譜面通りに音を出す、音程きちんと取る、ということが目的ではなく、音楽を奏でることにもっと集中して、間違えるとかどうとかははじにぐっと置いて、演奏すれば良かったんだった、そんな初歩的なことに、その一言をもらうまで気が付かなくなってしまうのか

そういう一言をかけてもらえる存在に感謝しないと

譜面は、あくまで記号。意思疎通するためのツール。自分の耳を信じてあげれば、体はついてくるはず。体をついてこさせる練習は日々の練習。

.

.

演奏を終え、帰宅中の電車で、フルートという楽器は「風を扱う楽器なのかも」と思った。

風や空気の流れ

そこに音が乗ってる

 

もっと色々な表現ができるように、なりたい